混ぜればゴミになる分ければ資源へ変身次の世代のために……

私たちが日常生活の中で使っているプラスチック製の製品や容器などは、ポイ捨てされたり適切な処分がされないことにより海に流され、海洋プラスチックごみになります。そうしたプラスチックごみが海洋汚染や生態系に及ぼす影響は大きく、決して無視のできない問題の一つであります。
プラスチックは軽量で加工がしやすく丈夫であることから、レジ袋やペットボトルのほかにも、プラスチック製のストローやスプーン、おもちゃや洋服などといった我々の身の回りのあらゆるものに利用されています。
世界中で海に流出するプラスチックごみの量は年間800万トンと言われています。2050年には海の中のプラスチックごみが魚類の総重量を上回るという試算もでています。
プラスチック製品は私たち消費者が使い、そして処理を適正に行っていないためにごみとなって海に流れ着いてしまうことがほとんどです。
プラスチックごみの削減、そして海洋プラスチックごみを出さないために、ジェーワン株式会社はプラスチックマテリアルリサイクルに注目して、
「混ぜればゴミ、分ければ資源」をモットーにプラスチック リサイクル事業を通じて未来の為に微力ながら環境保護活動に邁進してまいります。

代表取締役社長安東正

no image

ホームページリニューアルのお知らせ

2021/06/14   -お知らせ

この度、ジェーワン株式会社ではコーポレートサイトの全面リニューアルを実施いたしました。 今後とも内容の充実を図るよう努めてまいりますので、より一層のご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

Copyright© 廃プラスチックのリサイクル専門社・ジェーワン株式会社 , 2021 All Rights Reserved.